おさんぽで、首がしまることは、もうない。
自ら手織りした布を用い、わんちゃんの心と体に負担をかけにくい形のハーネスをオーダーメイドで製作しています。 のんびりゆったりおさんぽできる3mリードもおすすめです。

動物の5つの自由


 BACK ◂ 犬のしあわせって?


みなさんは "5 Freedoms" をご存知でしょうか?

"5 Freedoms" は、動物の「5つの自由」「5つの解放」「5つの権利」などと訳されています。
動物福祉の国際基準であり、人間の飼育下にあるすべての動物に認められるべき最低限の権利をしめしたものです。
「動物の権利を尊重する」「動物の権利を守りたい」と思っても、漠然としていて具体的な行動が思い浮かびにくいので、わたしは最低限この5つだけは守って愛犬と暮らしていきたいと考えています。
もちろんこの5つが守られるべき動物はわたしの愛犬だけではないのですが、何事もまずは自分の手の届くところからスタートする他ありません。
完璧に!となると、それだけでも難しいところがあるのですが…。


動物の5つの自由 The Five Freedoms for Animal

(1)飢えおよび渇きからの自由 Freedom from Hunger and Thirst 
(2)不快からの自由 Freedom from Discomfort  
(3)肉体的苦痛・損傷・疾病からの自由 Freedom from Pain, Injury or Disease 
(4)正常な行動発現の自由 Freedom to behave normally 
(5)恐怖および精神的苦痛からの自由 Freedom from Fear and Distress

※順番や邦訳のスタンダードは定まっていないようです。


日本ではここ数年で "5 freedoms" の認知度が上がっているように感じます。
このページをお読みの方でも「もう知っているよ」という方が多いかもしれません。
「動物の権利」という考え方が少しずつでも浸透してきているのかもしれず、そうであったらわたしにとっても嬉しいことです。

飼い主さんたちの意識の向上もあり、家庭に迎えられた動物たち、特に犬にとっては、
(1)飢えおよび渇きからの自由
(3)肉体的苦痛・損傷・疾病からの自由
など、分かりやすい肉体的な項目はおおむね満たされるようになってきたのではないでしょうか。


(2)不快からの自由
こちらは「不快」という言葉が幅広い意味を持つため一概に判断しにくいのですが、英語の comfort が「快適さ」と訳されることが多いことから考えて、ここでの「不快(discomfort)」は、「愉快でない」というよりは「快適でない」という意味なのだろうと思います。
実際、この項目には、 ・適切な飼育環境を供給すること ・極端な気温や天候から守ること ・不衛生な環境に置かないこと などといった説明が補足として添えられていることが多いようです。
「快」「不快」というと一見精神的な項目に聞こえますが、飼育環境の快適さを物理的に保証するように求めていると言ってよいでしょう。
近代看護教育の母・ナイチンゲールは、1860年の著作の中で次のように述べています。

「看護といえばこれまでは、薬を与えたり、湿布を施したりという程度の意味しか持ちませんでした。しかし看護とは、新鮮な空気や陽光、暖かさや清潔さや静かさを適正に保ち、食事を適切に選び管理する――――すなわち、患者にとっての生命力の消耗が最小になるようにして、これらすべてを適切に行うことである、という意味を持つべきなのです。」
(『対訳 看護覚え書』うぶすな書院、2012年)

具体的な方法が完全に一致するわけではないでしょうが、ナイチンゲールがここで言っていることと、"5 Freedoms" のこの項目が求めていることとは、基本的な考え方において重なる部分が多いように思います。
病人であれ健康人であれ犬であれ馬であれ、それぞれが健康に生きていくための環境が整えられているということは、実際に病気になったときの治療が行われることとはまた別に、それ自体で大きな意味を持つものでしょう。
狭いケージでの飼育や寒暖に対するフォローのない外飼いなど、いまだに残っている問題もあるとは思いますが、さすがに一般家庭で排泄物まみれの生活などの極端な飼育をされている方は少ないはずです。
(1)(3)に続き、次に改善されてくるのはこの項目であると感じています。


(5)恐怖および精神的苦痛からの自由
これは明確に精神的な解放を示しています。
精神面の話なだけに実践には難しい部分もありますが、これは非常に大切な項目であるとわたしは思います。
肉体が苦痛から解放されるとともに精神的に満たされてこそ「しあわせ」を感じられるのではないでしょうか。
「恐怖」「苦痛」にもいろいろあります。
人になでられることが嫌ではない子もいれば、人の手が自分にむかってくることを怖いと感じる子もいます。
その子ごとの恐怖のラインを見極めるとともに、「怒鳴られたら怖い」「長時間の放置は辛い」など、どんな子にも共通しているであろうことを自分の身に置き換えて想像し、適切な接し方を心掛けていきましょう。
もしも苦痛や不安のサインを見つけたら、その原因を出来るかぎり取り除く努力をすべきです。
雷や地震など、どうしても取り除けない原因であるならば、少しでも恐怖感を軽減するようなケアの方法を考えてあげましょう。


さて、最後に残したのが、
(4)正常な行動発現の自由
です。

これ以外の項目が動物の権利を侵害する要素を除外することを求めていたのに比べ、この項目は動物の自由な行動を発現する機会を阻まないよう求めるものです。
「~からの自由」ではなく「~の自由」であること、この点がこの項目を難しいものにしています。
「~からの自由」となっているものは、「~」の原因を撤廃・軽減するよう努めればよいので想像がしやすいですよね。
たとえば、 「飢えからの自由」なら適切な飼料を適量与える、 「疾病からの自由」なら予防注射・予防薬投与をきちんと行う、異常をみつけたら病院へ行く 「恐怖からの自由」なら怒鳴らない、長時間ひとりでお留守番をさせない などなど…。
ですが、「正常な行動発現の自由」については、まずその動物の「正常な行動」とは何かを踏まえた上で、そうした行動を自由に発現できるような環境を整えることを考えなくてはなりません。

そこで次に、犬の「正常な行動」とは何かを考えてみましょう。