おさんぽで、首がしまることは、もうない。
自ら手織りした布を用い、わんちゃんの心と体に負担をかけにくい形のハーネスをオーダーメイドで製作しています。 のんびりゆったりおさんぽできる3mリードもおすすめです。

パピヨンちゃん「ひかり」お写真

今日は移転前最後にハーネスを納品させていただいたパピヨンちゃんのお写真をご紹介いたします。



パピヨンちゃんには「あかね」と「ひかり」のハーネスをご注文いただきまして、今回お送りいただいたのは「ひかり」のハーネスを着用したお写真です♪

横向き。


パピヨンちゃんのやさしいお顔立ちと「ひかり」の色合いがよくマッチしているように感じます。
ボールのピンクまで、まるでセッティングされているかのようです~。

もう少し前から見ると、


このような状態。
被毛で前胸は隠れてしまいますが、ちらっと見えたときがなおさらかわいい!
それにしても、前胸の白い被毛、とってもきれいです♪
茶色の部分もやわらかなトーンの色なので「ひかり」との相性抜群です♪♪

お母さま、素敵なお写真をありがとうございました!!

***

さて、お客さまからサイズについてご相談いただく中で、皆さまにもお伝えすべきだと思うことが出てまいりましたので、こちらでも改めてまとめました。
ハーネスご使用中の方、ご検討中の方、ご一読いただければさいわいです。


◎ハーネス着用後、飼い主さまの手でハーネスの各部位(主に前胸パーツだが場合により腹部パーツも)を適正な位置に整えてあげてください。

オーダーサイズで製作させていただいてはおりますが、柔らかい布製品であることもあり、着用後にそれぞれのパーツがちょうどいい位置に来ていない場合があります。
その際は、手で少し位置を調整してからおさんぽをスタートしてあげてください。
例えば、着たままだと前胸パーツの位置が少し上に来てしまっていた場合は手で少し位置を下げる、胴回りが前に来すぎている場合は手で少し後ろに引っ張る、などすることで、着心地が安定します。
手で調整する余地がない場合(長さが足りなすぎ/余りすぎ)や、直しても直してもすぐに元に戻ってしまう場合はサイズお直しのご検討をおすすめいたします。

補強テープなしのハーネス(Aタイプ)の場合、前胸パーツが少し長めに感じられることがあります。
補強テープのあるB、Cタイプのハーネスでは、補強テープによって前胸パーツに後ろに引く力が働きますが、Aタイプの前胸パーツは両端でしか留まっていないため、下がり気味=長めに感じられることがあります。
補強テープありのものでも、前胸は角度のある部分に幅のあるテープを渡しているため、胴回りよりもゆるめに感じられるケースもあります(小柄な子だと特に)。
こうしたときも、ハーネス着用後、体に沿わせるように前胸位置を調整し、同時に胴回りパーツの位置も整えてあげてください(軽く後ろに引くとよい場合が多いかと思います)。
前胸が長く、胴回りが前に来すぎているというときは、それぞれの位置を調整するだけで着心地がかなり改善されます。
胴回りを後ろに引き気味にしても前胸が垂れ下がってしまうくらい長い、前胸がキツキツで胴回りが脇に食い込みそう、このような場合は当然お直しをおすすめいたします。
これは極端な例ですので、そこまでいかなくてもお直ししたほうがいい場合ももちろんあります。
判断に迷われる場合は遠慮なくご相談ください。


ご面倒な面もあるとは思いますが、このひと手間でかなり着心地が変わります。
それでもお直しが必要な場合ももちろんあるのですが、「これお直し必要かな?」と迷われた際は意識して着用後の調整をしてみてあげてください。
手による調整なしの場合、お直しを何度してもなんとなくサイズが合わない…ということになりかねません。

わんちゃんとの気持ちのいいおさんぽのためにも、おさんぽ前のハーネス位置チェックを習慣にしていただけたらと思います♪

***

昨日、ヨーキーちゃんの「ひかり」ハーネスを発送いたしました。
完成後の様子はまたあらためてご紹介いたします。
水曜日からポメちゃんのハーネス&リード製作に着手する予定です。

どうぞよろしくお願いいたします♪


手織り 手作り オーダーメイド 犬にやさしいハーネスのお店 Yarn Yawn (ヤーン ヨーン)
わんちゃんの心と体にやさしいオーダーメイドハーネスと、のんびりゆったりおさんぽできる3mリードを、ひとつずつ手作りで製作しています。ご注文・ご質問など、なんでもお気軽にご連絡ください。
Contact : itoakubi@gmail.comまたはMail form