おさんぽで、首がしまることは、もうない。
自ら手織りした布を用い、わんちゃんの心と体に負担をかけにくい形のハーネスをオーダーメイドで製作しています。 のんびりゆったりおさんぽできる3mリードもおすすめです。

水天宮にYarn Yawnグッズが!


Yarn Yawnのくるみボタングッズが、あったかアルパカニットのお店「Maite(マイテ)」さんの期間限定直営店に登場です!!

Maiteさんは、ペルーのアルパカニットをフェアトレードで扱っているお店です。
大量生産・大量消費ではなく上質の製品を長く使っていくことが地球や人間のためになるという考えのもと、自社デザインのシンプルで使いやすいアルパカニット製品を提供しています。
ペルーの女性たちが手編みで作ったニットたちは、素材のあたたかさと人手のあたたかさが掛け合わさり、見た目も着具合もぽかぽかです。

そんなMaiteさんが12月23日(水)まで期間限定で立ち上げた直営店の片隅に、わが Yarn Yawn のくるみボタングッズを並べていただけることになりました!!
手織り布からひとつずつ手作りしたピアスやヘアアクセサリーです。
ハーネスなどのわんこグッズは置いておりませんが、手織り布の風合いを実際に見ていただけますよ♪

MaiteさんのHP→http://maite-jp.com/
直営店のご案内→http://maite-jp.com/2015/09/22/store/


Yarn Yawn のコーナーはこんな感じです。








お店の全体の雰囲気はこちら。




見ているだけでも楽しくなる素敵なお店です。
お近くへおいでの際は是非ぜひお立ち寄りくださいね♪♪



以下、少し重たい話になりますが…

アニマルライツに基づき、わんこの自然なおさんぽを推進したいという気持ちからはじめたハーネスのお店であるYarn Yawn。
獣毛使用のお店に出品させていただくことについて、簡単に自分の考えを書いておきます。
・アルパカはウールの生産ほど工業化されていない(今後そうなる可能性は十分あるが)
・アルパカ飼育、糸への加工、編み・織りによる製品化、いずれの段階も代表が直接確認している
・獣毛以外の繊維が必ずしもより地球(=人間を含めた動物たちに対しても)にやさしいとは言い切れない
・できるかぎり倫理的に生産された製品を長く使うというコンセプトに共感できる
・理想は大切だが現状より「ほんの少しでもよい」状態を目指すことも大切に感じる
というあたりを鑑み、今回出品をお願いすることにしました。
権利論ではなく功利主義の立場をとったことになる…のかな…?というところですが、これで思考停止せず、この問題については自分なりに考え続けていきたいと思っています。



手織り 手作り オーダーメイド 犬にやさしいハーネスのお店 Yarn Yawn (ヤーン ヨーン)
わんちゃんの心と体にやさしいオーダーメイドハーネスと、のんびりゆったりおさんぽできる3mリードを、ひとつずつ手作りで製作しています。ご注文・ご質問など、なんでもお気軽にご連絡ください。
Contact : itoakubi@gmail.comまたはMail form