おさんぽで、首がしまることは、もうない。
自ら手織りした布を用い、わんちゃんの心と体に負担をかけにくい形のハーネスをオーダーメイドで製作しています。 のんびりゆったりおさんぽできる3mリードもおすすめです。

ミックスちゃんハーネス


ミックスちゃんのハーネス製作をはじめています。

ご注文内容まとめ。
10~15kg基本形ハーネス、既成布
 ・胸表地:1023
 ・胸裏地:ベージュアクリルテープ(40mm×1mm)
 ・腹部:茶色アクリルテープ(20mm×1.5mm)
 ・補強本体:ベージュアクリルテープ(20mm×1.5mm)
 ・補強装飾:赤PPテープ(10mm×1mm)
 ・バックル:黒
 ・Dカン:大

今はこんな状態です。


補強テープをつけて、前胸の縁縫いをしたら完成です!


ハーネスは明日中に出来ると思います。
ミックスちゃんはお名前首輪もご注文くださっていますが、首輪用のパーツを注文中なので、こちらはもう少しかかりそうです~。


ここ数日12月布のデザインを考えていましたが、なかなかピンとこない!
考えた末、今回は平織ではなく組織を使って柄を出していこうかと思っています。

「組織(織組織)」というのは、一言でいうと、

織物の互いに直交する経糸と緯糸が、上下に組み合わさって平面を形成しているこの経糸・緯糸の上がり下がりの規則のこと

です。
うまく説明できないのでWikiをコピペしてしまった(汗)。

これまで織ってきた平織は、経糸と緯糸が交互に上下していく最も単純な組織です。
出来上がる布は平面的な感じになり、柄は主に色糸の並びによって表現されます(糸の太さなどによって多彩なニュアンスを表現することも出来ますが、それを「柄」というべきか分からない)。

身の回りにある布を見たときに、色とは関係なく斜めに線が入っているように見えるものがあると思います。
それは綾織という組織で織られている可能性が高いです。
平織が経緯1本交互なのに対し、綾織りは経2緯1が交互になっています(基本)。

平織、綾織に朱子織をあわせて「三原組織」と言います。
三原組織は織組織の基本です。
朱子織は経4本以上、緯1本(またはその逆)が交互になります。

上手く説明できない~!!
もっとよく知りたい方、こちらのページが分かりやすいかも!!
↓↓↓
「着物あきない」さんHPより「織物の三原組織」 http://kimono-akinai.com/12/orimono/ori4.html

三原組織は基本の基本ですが、それをもとに工夫することで、糸色だけでなく織の構造としても布の柄をデザインしていくことができます。
先人たちがパターンを遺してくれている組織もたくさんありますので、それを使ってもいいですし、必要に応じて変更を加えてオリジナルの組織を考えていくことも可能です。
組織に着目すると、つい忘れがちな「布が立体構造物である」という現実をひしひし感じられますよ!!

そんなこんなで、次の布では色糸と組織を組み合わせ、これまでとはまたちょっと違う布を織っていけたらな、と考えています♪
平織をベースに緯糸を浮かせた浮織で柄を出していく予定です。
ハーネスに用いることを考えると、そこまで浮きの多いものにはしないと思います。

ただ…組織に向き合うのが久しぶりすぎて…
組織図書くのに時間がかかりそう…
綜絖の通し方とタイアップ(足との繋ぎ方)を見直さないとだし…
そもそも綜絖1000本以下/綜絖4枚しかないし…
頭の中的にも物理的にも大変です…

なので!
完成は1月を目標にします!!

完成が遅れるのね~ということしか伝わらない文章になってしまった気もしますが(汗)、そんな感じでやっていこうと思いますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
途中経過はちょこちょこご報告していくつもりです。


明日は、11:00~18:30 オープンの予定です。
どうぞよろしくお願いいたします!!



手織り 手作り オーダーメイド 犬にやさしいハーネスのお店 Yarn Yawn (ヤーン ヨーン)
わんちゃんの心と体にやさしいオーダーメイドハーネスと、のんびりゆったりおさんぽできる3mリードを、ひとつずつ手作りで製作しています。ご注文・ご質問など、なんでもお気軽にご連絡ください。
Contact : itoakubi@gmail.comまたはMail form