おさんぽで、首がしまることは、もうない。
自ら手織りした布を用い、わんちゃんの心と体に負担をかけにくい形のハーネスをオーダーメイドで製作しています。 のんびりゆったりおさんぽできる3mリードもおすすめです。

パピヨンちゃんハーネスお直し


パピヨンちゃんのハーネスのお直しが終わりました!
パピヨンちゃんは「あかね」のハーネスをご注文くださっていました。

お送りしたハーネスをつけてくれたパピヨンちゃん。

被毛の白い部分に赤が映えていますね~!
サマーカットですっきりした姿。
ちょっとまぶしそうなおめめがかわいいです。
リードもお使いくださって、ありがとうございます♪


最初にお送りいただいたお写真がこちらです。

おさんぽ中。

前胸がちょっと低い?
(噴水のようなしっぽに胸キュンです~)

ご自宅で。

上から見ると明らかに前胸パーツが余ってしまっていますね…。

この時点では、
・胴回りが細い
・前胸が長く、位置が低い
とのことでした。


翌日、前胸パーツを胸にしっかり当てるようにして装着していただくと、このような感じに変わりました。

正面。

指の位置が胸骨端なので、位置としてはやはり低いですが、たるみはだいぶなくなりました。

横。


こうして見るとそれほど低い位置にはきていないようにも見えますが、


うーん、やはり少し低いかな??

今回は、
・胴回りはぴったりorすこしゆるいかも
・前胸の長さはだいたいOK
・位置はやはり少し低い
ということでした。

こちらでもお写真を検討させていただき、お母さまとご相談の上で、

・胴回りの長さは変更しない
→ゆるいとき、きついときがあったが、誤差5mm程度のため、マジックテープのつけかたで調整可能。
下手に縮めるときつすぎになってしまうおそれがある。
今はサマーカットだが冬はもう少し被毛が伸びることも考え、現状維持。

・前胸パーツを3cm上げる
→座位で見るとだいぶ下(5~6cm)に思えるが、立位で見るとそこまで下ではない。
上げすぎると今度は上がりすぎてしまう恐れがある。
下の写真のように、ちょうど前胸パーツ分(3cm)のみ上げるようにする。

こんな感じです。

・前胸パーツの長さを1cm短くする
→前胸パーツを短くすると胴回りの位置がずれてしまうが、今ちょうどいい位置にあるのであまり大きな変更はしない。
ただ、座位で前胸が下がってしまうのは、位置が低いためだけではなく、長さが余っていて下がってしまっていることも考えられるので、きもーち短くする。

・Dカンテープの縫い位置を1cm下げる
→左側(マジックテープの重なる側)のDカンテープがテープの厚みの分浮くというか、歪んでしまっている。
胴回り調節のため、テープをはみ出させて貼り合わせる場合も考え、縫い位置を下げることで歪みを避けるためのゆとりを取る。

というお直しを行うことにいたしました。

実際にお直しする中で、マジックテープの厚みが思った以上に響いていることに気が付き、平面時ではなくテープを留めたときに左右対称になるよう、若干の調整も行いました。
上記の4点目にも関係がありますが、左右で同じ長さのDカンテープにしていると、マジックテープの厚み分だけ左側のDカンテープが短くなり、リードのナスカンでDカンを束ねたときの中心線が少し左に偏ってしまうんですね。
図案上の左右対称にとらわれていたことを反省しています…。
その点を実際に合わせて改めたため、柄の出方が左右にきれいな対称を描かなくなってしまいましたが、装着時の均衡はだいぶ改善されたのではないかと思います!
※基本型のハーネスでは、マジックテープの厚みは左右の均衡には影響を与えませんのでご安心ください。

お直し途中。

こうして糸をほどいて直していきます。

左はお直し後、右はこれからです。


右をほどき終わったところ。Dカンテープも外します。


それをもう一度縫い合わせると、こんな感じに。


反対側。


これにてお直し終了ですー!

駆け足でご説明してしまいましたが、
今度こそパピヨンちゃんにぴったりのハーネスになっていることを願っています!
お母さま、お写真の使用をご了承くださり、ありがとうございました!!


明日も11:00~19:00オープンの予定です。
よろしくお願いいたします♪



手織り 手作り オーダーメイド 犬にやさしいハーネスのお店 Yarn Yawn (ヤーン ヨーン)
わんちゃんの心と体にやさしいオーダーメイドハーネスと、のんびりゆったりおさんぽできる3mリードを、ひとつずつ手作りで製作しています。ご注文・ご質問など、なんでもお気軽にご連絡ください。
Contact : itoakubi@gmail.comまたはMail form